いつまでもSRを

YAMAHA SRの最新情報をお届けする【SR ONLY】の公式ブログ。人気カスタムショップの最新デモ車や編集部ピックアップ車両の紹介、パーツ情報、SRにまつわるイベント情報など、SR好きにはたまらないブログ

セル付きのライバル“CB400SS”


2001年、ホンダのエンデューロバイクに使用されるRFVCエンジンを積んだCB400SSが登場!
SR400/500がXT500やTT500といったオフロードバイクから派生したように、CB400SSもまたXR400のエンジンを共有していた。
先に書いたGB400/500も同じくXR500〜シリーズのエンジンですよね。

当時のプレスリリースによると…
CB400SSのSSとは、Standard Singleの略でシンプルな美しさにこだわったスタイリング、および装備によって、400シングル(400ccの単気筒)のスタンダードをめざすという意味。
とのこと。


またカラーラインナップには往年の名車CB400Fourを思わせる黄色タンクと赤タンクがあった。
当時の販売価格はストライプタイプが469,000円、ソリッドタイプ459,000円


2002年にカラー追加、2003年にはセルモーターが追加されたのです。
キックオンリーこそシングルバイクのSRオーナーもちょっとセルがうらやましかったかもしれませんね。
車両価格はスタンダードが469,000円、ストライプパターンが479,000円と1万円アップしただけなんですね!


2005年、2006年と新色を追加し、最終モデルと言える2007年にはCB400SS・スペシャルエディションが登場!
当時のプレスリリースによると…
CB400SS・スペシャルエディションの専用仕様=
CB400SSをベースに、下記専用仕様を施し、特別感を演出している。
・着座部はブラック、サイド部をブラウンとしたツートーンシートを採用
・クロームメッキのグリップエンドを採用
・軟質の立体エンブレム(ウイングマーク)を燃料タンクに採用
・サイドカバーにスペシャルエディション専用マークを採用
スペシャルエディションは534,450円。

ちなみにCB400SSはSR400や500、GB400や500よりも新しいエンジンと言うこともあり、CB400SSのSS、Standard Singleに足してSports Singleとと言ってよい軽快なスポーツシングルでした。

今は走ってるCB400SSを見なくなりましたが、SR400/500の良きライバルとしてシングルシーンを飾ってくれた一台です。


同じカテゴリー(SRのライバル)の記事

 
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


ログインカテゴリ一覧